京都市

顧問料なし。でも濃密なコミュニケーションを@京都で

京都の事業者様とのお付き合いを経る中で、我々の税理士事務所としての特徴は一言でいうと「」です。
一見、矛盾した表現ですが、我々はこの2つをこれからもずっと追い求めようと思っています。
まず、第一に、税理士の顧問料たるものは本来はゼロ円であるべきです。税理士業務は労働コストの見合いを貰うべきで、顧問料は全くもってコスト見合いではないからです。だから、弊社では基本的に年1回の決算申告書の作成料を頂く形にしています。
しかし、だからといって、サービスが低下しては何の意味もありません。
いつでも何でも相談できて、孤独な経営者の最大の相談相手であり支援者になる。これこそが我々とお客様との関係です。
そもそも、経営者の悩みや不安は毎月一定量発生するものではありません。だから、税理士事務所の監査担当者なるサラリーマンが定期的に訪問して解決できるものではありません。
「自由自在」「臨機応変」
我々とお客様の間にはこの表現がぴったりきます。 会いたいときに会う、話したいときに話す。、メールしたいときにメールする。 そんなざっくばらんな関係でいたいんです。「我々が経営者を元気にする!」そんな明るさの塊でいたいんです。

税理士顧問料ゼロ 分厚いサービス 仲良し度最重要視 労務・融資も得意 24h話せる会える

税務調査の経験は豊富です

それ相応の数のクライアントとのお付き合いがある中で、毎週のように税務調査の立ち合いを行っています。京都でもかなりの数の税務調査を経験してきました。
税理士の仕事は、正直なところはっきりと「白」「黒」が言えるものではありません。

なぜなら法律や条文に書いてあるようなことは税務調査で指摘されることは少ないからです。

いわば、言い方次第で「白」にも「黒」にも変わる、まるで女心のような税務調査ポイントをトーク技術と信頼関係で乗り切っていきましょう。

京都府内の全域、訪問します。

京都はエリアが広いですが、舞鶴等の北側にもちょこちょこお邪魔しています。勿論南側もです。

京都の担当エリア

  • 京都市内(中京、下京、伏見、北山、左京、山科、嵐山、五条、西院、桂、烏丸、河原町、四条、東寺)、向日、長岡京、乙訓郡大山崎町、宇治、城陽、八幡、京田辺、木津川、南丹、亀岡、福知山等

ページの先頭へ